言葉の意味

「受けっとり」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「受けっとり」という言葉の意味を解説!

「受けっとり」という言葉は、相手からまるごと引き受けることを指す言葉です。

受け取ったものをすべて受け入れることや、相手の主張や意見を素直に受け止めることを表す言葉であり、柔軟な対応力や協調性を持つ人物の特徴ともされています。

「受けっとり」という言葉の読み方はなんと読む?

「受けっとり」という言葉は、「うけっとり」と読みます。

“うけ”の音が相手からのものを受け取ることを表し、”っとり”の音がまるごと引き受けることを示しています。

派生した言葉にも共通してこの読み方が用いられています。

「受けっとり」という言葉の使い方や例文を解説!

「受けっとり」という言葉は、日常会話でもよく使われます。

例えば、相手が何かお願い事をする場合に「お受けっとりいたします」と言うことで、その依頼を快く引き受ける意志を表すことができます。

また、議論や意見交換の場では、「それはお受けっとりします」と相手の主張や意見を真摯に受け入れることで、円滑なコミュニケーションを図ることができます。

「受けっとり」という言葉の成り立ちや由来について解説

「受けっとり」という言葉は、日本語の言葉の響きとしての魅力やイメージを重視した表現方法として生まれました。

他の言葉に比べて親しみやすく、ポジティブなニュアンスを持つことから、広く使われるようになりました。

具体的な由来についてははっきりしていませんが、言葉の響きや意味から自然に生まれたと考えられます。

「受けっとり」という言葉の歴史

「受けっとり」という言葉は、古くから使われているわけではありませんが、近年ではさまざまな場面で使用されるようになりました。

特に、コミュニケーションやビジネスの場面での活用が広がっており、相手の意見や要望を大切にする姿勢が求められる現代社会において重要な言葉となっています。

「受けっとり」という言葉についてまとめ

「受けっとり」という言葉は、相手からのものをまるごと受け取ることを表す言葉です。

迅速で柔軟な対応力や協調性を持つ人物の特徴とされており、日常会話やビジネスの場でよく使用されます。

言葉の響きやイメージから自然に生まれた言葉であり、広く親しまれています。