言葉の意味

「青白買い」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「青白買い」という言葉の意味を解説!

「青白買い」とは、新鮮でまだ色づいていない青々とした状態の商品や品物を買うことを指します。

例えば、野菜や果物がまだ完全に熟していない状態で買うことなどが該当します。

「青白買い」の読み方はなんと読む?

「青白買い」は、「あおじろがい」と読みます。

漢字の意味から連想すると、若々しい商品を手に入れることを示す言葉となります。

「青白買い」という言葉の使い方や例文を解説!

「最近、スーパーで青白買いした野菜がとても美味しかったです」というように使います。

青々としていることから新鮮さや若さを感じられる言葉です。

「青白買い」という言葉の成り立ちや由来について解説

「青白買い」という言葉は、商品がまだ色づいていない状態を示す「青」と白い様子を表す「白」と、「買い」という動詞が合わさった言葉です。

「青白買い」という言葉の歴史

「青白買い」という表現は、江戸時代から使われていた言葉で、食材などの新鮮さや若さを強調する際に使われていました。

現代でもその意味は変わらず広く使われています。

「青白買い」という言葉についてまとめ

「青白買い」とは、品物が新鮮で若々しく、まだ完全に熟していない状態の商品を買うことを指します。

商品の鮮度や若々しさを重視する際に使われる言葉であり、歴史も古く、現代でも広く使われています。