言葉の意味

「かも背」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「かも背」という言葉の意味を解説!

「かも背」とは、つまらないことや些細なことを気にして、悩んだり気にしたりすることを指します。

少ししたことにくよくよしがちで、小さいことが気になってしまう人によく使われる言葉です。

「かも背」の読み方はなんと読む?

「かもせ」と読みます。

意外と難しいかもしれませんが、しっかりと覚えておくと便利な言葉です。

「かも背」という言葉の使い方や例文を解説!

「最近、ちょっとかも背なことばかり気にしてしまって、ストレスがたまってしまうんです」というように使われます。

些細なことを気にし過ぎて、ストレスを感じる様子を表現するのに使われます。

「かも背」という言葉の成り立ちや由来について解説

「かも背」という言葉は、江戸時代のころから使われていた言葉です。

江戸時代の庶民たちが、身近な言葉として使っていたことが起源とされています。

「かも背」という言葉の歴史

「かも背」という言葉は、江戸時代から使われていた古い言葉であり、歴史のある言葉として知られています。

時代を超えて今も使われ続けている言葉です。

「かも背」という言葉についてまとめ

「かも背」という言葉は、些細なことを気にし過ぎる人を表現する言葉であり、江戸時代から使われている歴史のある言葉です。

ちょっとしたことに気を使いすぎることを避けるために、心に留めておくと良い言葉です。