言葉の意味

「名証」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「名証」という言葉の意味を解説!

「名証」という言葉は、「有名な証拠」や「名誉ある証拠」という意味を持ちます。

ある物事や現象が確かに存在していることを示す重要な証拠や根拠を指す言葉です。

何かを主張する際に、その根拠となる具体的な証拠を「名証」と呼ぶことがあります。

「名証」の読み方はなんと読む?

「名証」の読み方は、「めいしょう」と読みます。

日本語の読み方では、「めい」という漢字は「名」、 「しょう」という漢字は「証」と書きます。

それぞれの漢字の音を合わせた読み方が「めいしょう」となります。

「名証」という言葉の使い方や例文を解説!

「名証」という言葉は、主に議論や論文、報告書などで使用されることが多いです。

例えば、「この研究の成果は多くの『名証』に支えられています」というように、特定の立場や論点を裏付けるための重要な証拠を指す言葉として用いられます。

「名証」という言葉の成り立ちや由来について解説

「名証」という言葉は、古代中国の儒教や仏教の文献に由来しています。

その当時、有名な賢者や聖者が他者に対して重要な教えや教訓を説く際に提示された、その教えを示す重要な証拠を「名証」と呼んでいました。

「名証」という言葉の歴史

「名証」という言葉は、中国古代の儒教や仏教の聖典や文献において教えや教訓を示す際に使用されていました。

その後、日本でも儒学や仏教の影響を受けて、重要な証拠や根拠を指す言葉として広まっていきました。

「名証」という言葉についてまとめ

「名証」という言葉は、有名な証拠や名誉ある証拠を指す言葉であり、主張や議論を裏付ける際に重要な役割を果たします。

元々は古代中国の儒教や仏教の文献に由来する言葉であり、日本でも広く使用されています。

「名証」という言葉は、厳かで重要な意味を持つ言葉として、文章や議論の中で活用されることが多いです。