言葉の意味

「鼻息が荒い」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「鼻息が荒い」という言葉の意味を解説!

「鼻息が荒い」とは、普段から興奮したり怒ったりしていて、呼吸が荒くなっている状態を指します。

人間が感情的になったり、ストレスを感じたりすると、自然と呼吸が乱れがちになります。

「鼻息が荒い」の読み方はなんと読む?

「鼻息が荒い」の読み方は、「はないきがあらい」と読みます。

言葉の意味はさまざまですが、感情的で焦ったり怒ったりして、息が荒くなっている状態を指す表現です。

「鼻息が荒い」という言葉の使い方や例文を解説!

「最近、彼は仕事でストレスが溜まっているのか、何だか鼻息が荒いなあと感じることが増えたんだ」と友達に話すと、友達もうなずいていた。

このように、「鼻息が荒い」は人間の感情や状態を表現する言葉として使われます。

「鼻息が荒い」という言葉の成り立ちや由来について解説

「鼻息が荒い」の成り立ちは、「鼻」+「息が荒い」という意味を持ちます。

人が怒ったり興奮したりすると、呼吸が荒くなり鼻から息が荒く出る様子からこの表現が生まれたとされています。

「鼻息が荒い」という言葉の歴史

「鼻息が荒い」という表現は古くから日本語に存在し、人の感情や状態が乱れた際の表現として使われてきました。

感情の高揚やストレスなどから、呼吸が乱れる様子を形容するために用いられてきた言葉です。

「鼻息が荒い」という言葉についてまとめ

「鼻息が荒い」は、人の感情や状態が乱れた際に使われる表現であり、普段よりも呼吸が荒くなり鼻から息が荒く出る様子を指します。

ストレスや興奮などの感情によって、呼吸が乱れてしまうことが表現されています。