言葉の意味

「空虚な」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「空虚な」という言葉の意味を解説!

「空虚な」という言葉は、何もない、虚しい、実りがない、中身がないなどの意味を持ちます。

物質的な面だけでなく、精神的な面でも使われることがあります。

空虚な状態とは、何かに満たされていない、不完全な状態を指し、寂しさや不安を感じることも含まれます。

「空虚な」の読み方はなんと読む?

「空虚な」の読み方は、「くうきょな」と読みます。

口語的には、「からっぽな」とも呼ばれることがあります。

「空虚な」という言葉の使い方や例文を解説!

「彼の言葉には、何か空虚なものを感じた。

」などと使われることがあります。

他には、「彼女の笑顔には空虚な感情が見え隠れしている。

」などとも表現されます。

「空虚な」という言葉の成り立ちや由来について解説

「空虚な」の語源は、古代ギリシャ語の「κενός(ケノス)」が起源とされています。

これは「空っぽの」という意味があり、その後ラテン語にも受け継がれ、「vacuus」が「虚しい」という意味で使われるようになりました。

「空虚な」という言葉の歴史

「空虚な」という言葉は、古代から存在している言葉であり、人々の感情や状態を表現する際に広く使われてきました。

文学や詩においても、しばしば登場する印象的な言葉として知られています。

「空虚な」という言葉についてまとめ

「空虚な」という言葉は、虚無感や寂しさ、満たされていない感情などを表現する際に使われる重要な言葉です。

その歴史や由来、使い方や例文などを通じて、この言葉の豊かな意味を理解することができます。