言葉の意味

「叶わぬ願い」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「叶わぬ願い」という言葉の意味を解説!

「叶わぬ願い」という言葉は、自分の望むことがかなわないことを指します。

つまり、思い描く夢や希望が実現しない状況を表現しています。

人生には叶わぬ願いもあるものですが、それを乗り越えて新たな可能性を見つけることも大切ですね。

「叶わぬ願い」の読み方はなんと読む?

「叶わぬ願い」は、「かなわぬねがい」と読みます。

日本語の字面からも、その意味が伝わってくるような印象を受けますね。

願い事がかなうことを願いつつも、かなわぬ願いもあるもの。

「叶わぬ願い」という言葉の使い方や例文を解説!

「叶わぬ願い」を使った例文としては、「彼の念願の結婚が叶わぬ願いとなってしまった」などが挙げられます。

このように使われることが多く、願いがかなわない悔しさや哀しみが感じられます。

「叶わぬ願い」という言葉の成り立ちや由来について解説

「叶わぬ願い」という言葉の成り立ちについては、叶わない願いを表現する形容詞「叶わぬ」と、望みや欲求を意味する名詞「願い」が組み合わさったものと考えられます。

叶わない願いを持つことは、人間らしい感情の一つですね。

「叶わぬ願い」という言葉の歴史

「叶わぬ願い」という言葉は、古くから日本語に存在している表現の一つです。

叶えられない望みや希望を持つことは、人間の喜怒哀楽に密接に関わる要素であり、昔からその感情を表現するために使われてきた言葉です。

「叶わぬ願い」という言葉についてまとめ

「叶わぬ願い」という言葉は、自分の望みや希望がかなわないことを表現する言葉です。

人生には叶わぬ願いもあるもの。

しかし、それを乗り越えて新たな可能性を見つけることも大切です。

叶わぬ願いがあるからこそ、現実と向き合い、成長していくことができますね。