言葉の意味

「ほっとけない」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「ほっとけない」という言葉の意味を解説!

「ほっとけない」という言葉は、何かしらの事柄や人に対して、手を抜くことができないほど、気になる、心配になる、放っておけない、という意味を持ちます。つまり、その状況や人が気になって仕方がないというニュアンスが込められています。例えば、友達が悩んでいるときや、大切な仕事があるときなど、手を抜くわけにはいかないというときに使われることが多いです。

「ほっとけない」の読み方はなんと読む?

「ほっとけない」という言葉は、ほっとけ(ほっとけ)ない、と読みます。最後の「ない」は否定形を表す助動詞なので、要するに「手を抜くことができない」という意味になります。

「ほっとけない」という言葉の使い方や例文を解説!

例えば、友達が困っている時に「友達の悩みを聞いてあげることができない」という意味で使うことができます。「彼の病気を放っておくことができない」という文でも使われることがあります。

「ほっとけない」という言葉の成り立ちや由来について解説

「ほっとけない」という言葉は、元々は「ほうっておけない」という表現から転じたものと考えられます。つまり、「手を抜くことができない」という意味を短くしたものと言えます。

「ほっとけない」という言葉の歴史

「ほっとけない」という言葉は比較的新しい言葉で、近年になって一般的に使用されるようになりました。SNSなどの普及により、気軽に使われるようになった言葉の一つでもあります。

「ほっとけない」という言葉についてまとめ

「ほっとけない」という言葉は、手を抜くことができないほど気になる、心配になる、放っておけないという意味を持つ言葉です。大切な人や物事に対して使われることが多く、親しみやすい言葉として定着しています。