言葉の意味

「俗派」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「俗派」という言葉の意味を解説!

「俗派」とは、一般大衆や庶民によって広く受け入れられている流行や風習、考え方を指す言葉です。

俗派のものは一般的であり、大衆文化や一般常識に即したものとされています。

俗派は大衆の間で広く共有され、一定の時間的・空間的な枠組みの間で流行が広まり人気を博します。

「俗派」の読み方はなんと読む?

「俗派」は、「ぞくは」と読みます。

漢字の読み方は「俗」が「ぞく」、「派」が「は」となります。

「俗派」という言葉の使い方や例文を解説!

「俗派」という言葉は、主に一般大衆に広く受け入れられた流行や風習、考え方を指す際に使用されます。

例えば、「このカフェは今大変人気があって、俗派なデザインが特徴だ」というように用いることができます。

「俗派」という言葉の成り立ちや由来について解説

「俗派」という言葉の成り立ちは、「俗」と「派」からなります。

漢字の「俗」は、「一般の民衆」という意味を持ち、「派」は「グループ」や「流派」を意味します。

つまり、「俗派」とは、一般庶民の間で広く受け入れられたグループや流派を指す言葉と言えます。

「俗派」という言葉の歴史

「俗派」の言葉は、古代より存在していました。

大衆文化が発展する中で、より広く一般的に受け入れられた流行や風習が「俗派」と呼ばれるようになりました。

歴史の中には、「俗派」という言葉を用いてさまざまな大衆文化や風習が花開いてきました。

「俗派」という言葉についてまとめ

「俗派」という言葉は、一般大衆に広く受け入れられた流行や風習、考え方を指します。

その成り立ちは「俗」と「派」からなり、歴史ある言葉として古代から現代に至るまで広く使用されています。

大衆文化や一般常識に即したものが「俗派」と呼ばれ、その流行は庶民の間で共有され人気を博してきました。