言葉の意味

「心打ち」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「心打ち」という言葉の意味を解説!

「心打ち」とは、心の奥深くに感じる強い感情や衝撃を表す言葉です。

何かが心に強く残り、心に深い印象を残す状態や感覚を指します。

この言葉は日常会話や文学作品などで多く使用されており、人々の感情を表現する際によく使われます。

「心打ち」の読み方はなんと読む?

「心打ち」は、「ここちうち」と読みます。

この言葉は古くからある言葉であり、日本語の美しい表現の一つです。

心に響く感情や出来事を表現する際に、「心打ち」という言葉を使うことでより深い感情を伝えることができます。

「心打ち」という言葉の使い方や例文を解説!

「心打ち」という言葉の使い方は、例えば「彼女の言葉に心打ちされた」などがあります。

このように使うことで、自分の心に強い印象を受けることを表現することができます。

日常会話や詩文、小説など幅広く使用されています。

「心打ち」という言葉の成り立ちや由来について解説

「心打ち」という言葉は、「」と「打ち」という言葉が合わさったものです。

心は感情や思考を表し、打ちは強く心に訴えるという意味があります。

この言葉の成り立ちからも、心に深く響く感情や衝撃を表す言葉として使われています。

「心打ち」という言葉の歴史

「心打ち」という言葉は、古くから日本の文学や詩歌に登場しています。

日本人の感受性や繊細な心情を表現する言葉として、歴史的に多くの作品や文章で使用されてきました。

これまでの歴史の中で、人々の心に深い印象を残す言葉として親しまれてきました。

「心打ち」という言葉についてまとめ

「心打ち」という言葉は、強い感情や衝撃を心に感じる状態を表す言葉です。

その読み方や使い方、由来や歴史など、さまざまな観点からこの言葉を紹介しました。

日本語の美しい表現の一つとして、心に深く響く感情を伝える際に活用してみてください。