言葉の意味

「伊達男」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「伊達男」という言葉の意味を解説!

「伊達男」とは、派手で派手な服装や振る舞いをして、自分を主張する男性を指す言葉です。つまり、見栄を張っているような態度や行動をする男性を指す言葉と言えます。

「伊達男」の読み方はなんと読む?

「伊達男」は「だておとこ」と読みます。この言葉には、少し皮肉や批判的なニュアンスも含まれており、相手を軽蔑している場合があります。

「伊達男」という言葉の使い方や例文を解説!

「あの伊達男、いつも高級ブランドの洋服を着て、自慢話ばかりしているよね」など、「伊達男」という言葉は、周囲の人から見て、見栄っ張りで派手好きな男性を揶揄するときに使われることが多いです。

「伊達男」という言葉の成り立ちや由来について解説

「伊達男」という言葉は、江戸時代に仙台藩主であった伊達家が華やかな装いを好んでいたことから、その風習をまねる人々を指して使われるようになりました。その後、あまり見栄を張ることのない東北地方の人々に対する軽蔑の意味合いも持つようになりました。

「伊達男」という言葉の歴史

「伊達男」という言葉は、江戸時代から使われていたとされています。当時は、伊達家の華やかな装いをまねる人々を指していました。その後、時代とともに意味や使い方が変化し、現代でもなお使われています。

「伊達男」という言葉についてまとめ

「伊達男」という言葉は、見栄を張り、華やかな外見を好む男性を指す言葉であり、江戸時代から使われてきた歴史を持つ言葉です。皮肉や批判のニュアンスも含まれているため、使い方には注意が必要です。