言葉の意味

「めんどうくさい」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「めんどうくさい」の意味を解説!

「めんどうくさい」とは、手間や努力を要する、面倒な、手間取らせる、手間暇がかかるなどの意味を持つ言葉です。

日常生活や仕事などで、何かをするのに手間や労力がかかり、煩わしいと感じる場面でよく使われます。

「めんどうくさい」の読み方はなんと読む?

「めんどうくさい」は、「面倒臭い(めんどうくさい)」と読みます。

これは、「面倒くさい」と同じ意味を持つ方言であり、日常会話や文章で広く使用されています。

「めんどうくさい」の使い方や例文を解説!

「めんどうくさい」は、例えば、宿題がめんどうくさい、掃除がめんどうくさい、待ち合わせの時間がめんどうくさいなど、さまざまな場面で使われます。

「めんどうくさいからやりたくない」という風に使われることが多いです。

「めんどうくさい」の成り立ちや由来について解説

「めんどうくさい」という言葉の成り立ちや由来は、はっきりとはわかっていませんが、手間や面倒を表す「面」や「口」、煩わしいという意味の「くさい」が合わさって誕生したと考えられています。

「めんどうくさい」の歴史

「めんどうくさい」という言葉は、古くから使われていたわけではなく、比較的新しい言葉とされています。

近年、若者を中心に広まり、日常会話やSNSなどでよく使われるようになりました。

「めんどうくさい」についてまとめ

「めんどうくさい」という言葉は、手間や労力を要することや、煩わしいことを表す言葉です。

日常生活や仕事の中で、何かをするのに手間取ったり、やる気を失ったりする場面でよく使われます。

使い方や例文を覚えて、適切な場面で使ってみましょう。