言葉の意味

「水玉模様」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「水玉模様」という言葉の意味を解説!

「水玉模様」とは、水滴がついたような円形の模様やデザインのことを指します。

ポルカドット(polka dot)とも呼ばれ、可愛らしい印象を持つ柄として人気があります。

洋服やインテリア、アクセサリーなど様々なアイテムに使用されています。

「水玉模様」の読み方はなんと読む?

「水玉模様」は、「みずたまもよう」と読みます。

日本語の美しい音韻が響く、柔らかな言葉です。

耳に心地よく響くため、聞くだけで和んだ気持ちになります。

「水玉模様」という言葉の使い方や例文を解説!

例文:このシャツの水玉模様がとても可愛いですね。

「水玉模様」は、可愛らしい印象を与える柄として使われます。

洋服や小物に取り入れることで、コーディネートのアクセントになります。

「水玉模様」という言葉の成り立ちや由来について解説

「水玉模様」の語源は、英語の「polka dot」から来ており、ポーランドの舞踏曲であるポルカ(polka)という踊りの際に女性たちが身につける水玉模様のドレスが由来とされています。

「水玉模様」という言葉の歴史

水玉模様は19世紀から流行し始め、ポルカダット柄の衣類はポルカの踊り手を表し、踊り手たちのコスチュームがその名前を広める役割を果たしました。

その後、モード界で登場した小さい水玉模様は、1920年代から女性たちの間で大流行しました。

「水玉模様」という言葉についてまとめ

「水玉模様」は可愛らしい印象を持つ円形の模様であり、洋服やインテリア、アクセサリーなどに使用されることが多い柄です。

その語源はポーランドの舞踏曲であるポルカと関連しており、19世紀から現代まで愛され続けています。

洋服や小物に取り入れることで、華やかな雰囲気や女性らしさを演出できます。