言葉の意味

「満更」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「満更」という言葉の意味を解説!

「満更」とは、思っていたよりも反対の結果や状況で、予想外の事態になった時に使われる言葉です。

つまり、期待や考えていたこととは異なる結果や状況に対して、意外だったり驚いたりする気持ちを表す言葉です。

「満更」の読み方はなんと読む?

「満更」は、読み方としては「まんざら」と発音されます。

意外な結果に喜んだり、驚いたりする時に使う言葉ですが、その響きや響き方もややコミカルで親しみやすい印象を持っています。

「満更」という言葉の使い方や例文を解説!

例えば、「彼の誕生日プレゼントが満更だと思っていたら、実はとても喜んでくれた」というように使われます。

予想通りでない出来事や状況に出くわした時に、「満更」という言葉を使って友達や家族と話すことができます。

「満更」という言葉の成り立ちや由来について解説

「満更」という言葉の成り立ちや由来は、江戸時代から使われていた言葉で、元々は「満足(まんぞく)」からきていると言われています。

時間が経つにつれ、意味が変化して今のような使い方に変わっていったとされています。

「満更」という言葉の歴史

「満更」という言葉は古くから使われており、江戸時代の文学や随筆にもたびたび登場しています。

時代が変わってもその使用頻度が変わらず、今もなお日常会話や書き言葉で使われている言葉です。

「満更」という言葉についてまとめ

いかがでしたでしょうか?「満更」という言葉は、予想外の出来事や状況に出くわした時に使う言葉で、意外な結果に喜びや驚きを感じる気持ちを表現します。

その由来や歴史を知ることで、より深く理解し、使いこなすことができるでしょう。