言葉の意味

「仮婚」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「仮婚」という言葉の意味を解説!

「仮婚」とは、一時的な結婚のことを指します。

具体的には、交際しているカップルやパートナー同士が、結婚する前に一定期間、仮の結婚生活を送ることを指します。

実際の結婚前にお互いの生活習慣や考え方などをより深く理解するために取り入れられることが多いです。

「仮婚」の読み方はなんと読む?

「仮婚」の読み方は、「けっこん」と読みます。

日本語の「結婚」と同じく、「けっこん」という読み方が一般的です。

仮の結婚という意味から、仮婚と呼ばれるようになったと言われています。

「仮婚」という言葉の使い方や例文を解説!

例文:最近、彼と仮婚をすることに決めました。

結婚前にお互いをもっと知るためです。

「仮婚」は、結婚を前提とした状況でお互いをよく理解するために一時的な結婚生活を送ることを指します。

結婚を考える段階で、お互いのことをよりよく知るために活用されることが多いです。

「仮婚」という言葉の成り立ちや由来について解説

「仮婚」という言葉は、元々はフランス語の「mariage blanc(白い結婚)」が由来とされています。

白い結婚という言葉から、一時的な結婚生活を指す「仮婚」となったと言われています。

「仮婚」という言葉の歴史

「仮婚」という言葉は、近年注目を集めるようになりました。

結婚を前提としたパートナーシップのステップとして、より深く相手を理解するために仮の結婚生活を送ることが増えてきています。

「仮婚」という言葉についてまとめ

「仮婚」は、結婚を前提として一時的な結婚生活を送ることを指します。

パートナー同士がお互いをより深く理解するために取り入れられることが多く、近年注目を集めています。