言葉の意味

「肩すかし」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「肩すかし」という言葉の意味を解説!

肩すかしとは、期待していたことや約束されていたことが実現されず、失望や不快な気持ちを抱くことを指します。

つまり、期待を裏切られたり、期待した結果が得られなかったりした状況を表現する言葉です。

肩すかしを受けると、がっかりしたりイライラしたりすることがあります。

「肩すかし」の読み方はなんと読む?

「肩すかし」の読み方は、「かたすかし」と読みます。

5文字で構成されるこの言葉は、日常会話や文章でよく使われるポピュラーな表現のひとつです。

「肩すかし」という言葉の使い方や例文を解説!

「昨日のデート、彼氏に肩すかしを食らってしまったよ。

約束していたプレゼントをもらえなかったんだ。

」などのように使われます。

肩すかしを食らうシチュエーションは、さまざまな場面で起こり得るものです。

「肩すかし」という言葉の成り立ちや由来について解説

「肩すかし」という表現は、相手が背後から肩を軽く叩いて近づくときなど、思わぬ誤解や不快感を与えることが由来とされています。

つまり、期待とは異なる行動や状況によって、不快な気持ちがもたらされることから、この表現が生まれたと考えられています。

「肩すかし」という言葉の歴史

「肩すかし」という表現は比較的新しいことばで、近年になって一般的に使われるようになりました。

インターネットやSNSなどの普及により、情報が瞬時に広まる時代において、肩すかしを受けた経験を持つ人も少なくないでしょう。

「肩すかし」という言葉についてまとめ

肩すかしは、期待と現実のズレや約束の破棄、誤解などさまざまな状況で起こり得るものです。

身近な日常生活やビジネスなどさまざまな場面で用いられる表現であり、注意して扱う必要があります。

気持ちを落ち着かせて冷静に対処することが大切です。