言葉の意味

「こびりつく」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「こびりつく」という言葉の意味を解説!

「こびりつく」という言葉は、何かが表面に密着して離れない状態を表します。

例えば、泥や汚れが服にこびりつくと、なかなか落ちにくくなりますよね。

このように、なかなか取れない状態を指す言葉なんです。

「こびりつく」の読み方はなんと読む?

「こびりつく」の読み方は、こびりつくです。

最初の「こ」と「び」が子音で続いているので、注意して発音してくださいね。

「こびりつく」という言葉の使い方や例文を解説!

「こびりつく」という言葉を使った例文を紹介します。

例えば、「子供が遊びに行って泥だらけになり、服に泥がこびりついてしまった」というように使います。

「こびりつく」という言葉の成り立ちや由来について解説

「こびりつく」という言葉は、古くから日本語に存在する言葉です。

漢字で書くと「しみ」や「」と表現されることもありますが、その意味や使い方は同じです。

「こびりつく」という言葉の歴史

「こびりつく」という言葉は、日本語の古典文学や雅楽などでも見られる古い言葉です。

古代から使われ続けてきた言葉であり、今も変わらず私たちの日常会話に使われている言葉でもあります。

「こびりつく」という言葉についてまとめ

「こびりつく」という言葉は、汚れや物質が表面に密着して離れない状態を表す言葉です。

日本語の古典から現代まで使われ続けてきた言葉であり、私たちの日常生活でもよく使われています。

音の響きも良く、使いやすい言葉の一つですね。