言葉の意味

「わらわら」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「わらわら」という言葉の意味を解説!

「わらわら」という言葉は、多くの人や物が集まって大勢などが群れ立っている様子を表現する言葉です。

例えば、人がたくさん集まって賑やかな様子を表す時や、物がごった返しているような状況を表現する時に使われます。

「わらわら」という言葉の読み方はなんと読む?

「わらわら」という言葉は、普通に読むと「わらわら」となります。

漢字で表すと「童謡(どうよう)」という意味合いもありますが、音読みの方が一般的です。

「わらわら」という言葉の使い方や例文を解説!

例えば、「街は人でわらわらだった」という文は、賑やかな様子を表現しています。

他にも、「会議での意見交換は、皆さん思い思いにわらわらと話し合っていた」というような使い方もあります。

「わらわら」という言葉の成り立ちや由来について解説

「わらわら」という言葉の成り立ちは、大勢が集まって物や人がごった返している様子を表現した言葉です。

古くから日本語に存在し、賑やかな様子を表現する際によく使われてきました。

「わらわら」という言葉の歴史

「わらわら」という言葉は、平安時代にまでさかのぼることができる古い言葉です。

日本の古典文学や和歌にも頻繁に登場し、江戸時代から現代に至るまで、その使い方や意味は変わらずに受け継がれてきました。

「わらわら」という言葉についてまとめ

「わらわら」という言葉は、多くの人や物が集まって大勢で賑やかにしている様子を表現する言葉です。

古くから日本語に存在し、様々な場面で使われてきました。

賑やかな雰囲気を表現する際に、ぜひ活用してみてくださいね。