言葉の意味

「くたあたり」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「くたあたり」という言葉の意味を解説!

「くたあたり」という言葉は、疲れたり疲弊したりした様子を表す言葉です。体力的な疲れだけでなく、精神的な疲れや疲れ果てた感情も含まれます。日常生活や仕事でストレスを感じたり、疲れがたまったりしている際に使われることが多い言葉です。

疲れきった感じや疲れ果てた状態を表す言葉

「くたあたり」の読み方はなんと読む?

「くたあたり」という言葉は、「くたあたり」と読みます。日本語の中でも少し古風な言葉に感じられるかもしれませんが、今もなお広く使われている言葉です。

「くたあたり」という言葉は「くたあたり」と読みます

「くたあたり」という言葉の使い方や例文を解説!

「最近仕事が忙しくて、ちょっと< span class='marker'>くたあたっちゃった

「今日は何もせず、ゆっくりと休んで< span class='marker'>くたあたりたい」。

「旅行から帰ってきて、すごく< span class='marker'>くたあたった」。

「くたあたり」という言葉の成り立ちや由来について解説

「くたあたり」という言葉は、古くから使われている言葉であり、日本語の中で広く知られています。その由来や成り立ちについては、諸説ありますが、主に疲れた様子や疲労感を表現するために生まれた言葉と言われています。

「くたあたり」という言葉は、疲れた様子を表現するために生まれた言葉

「くたあたり」という言葉の歴史

「くたあたり」という言葉は、古くから日本人の間で使われてきた言葉であり、今もなお広く使われています。日本語の中で、疲れや疲労を表現する際に、よく用いられる言葉の一つとして知られています。

「くたあたり」という言葉は、日本語の古い言葉の一つであり、歴史の中で広く使われてきた言葉の一つ

「くたあたり」という言葉についてまとめ

「くたあたり」という言葉は、疲れや疲労などの状態を表現する言葉として日本語に古くから存在しています。日常生活や仕事で疲れたり疲弊したりしたときに使われ、臨場感や感情を表現する際に重要な言葉になるでしょう。

「くたあたり」という言葉は、疲れや疲労を表現する重要な言葉として、日本語の中で広く使われている