言葉の意味

「不動明王」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「不動明王」という言葉の意味を解説!

「不動明王」とは、仏教における守護神であり、怨敵を征伏し、災難を除き、愛を守るとされる存在です。その力強い姿は多くの信者に希望と力を与えています。不動明王は、身近な存在のようにも感じられる存在で、日常生活の悩みや困難を乗り越えるための味方として信仰されています。

「不動明王」の読み方はなんと読む?

「不動明王」は、「ふどうみょうおう」と読みます。その響きは力強く、重厚であり、信仰の対象としての威厳を感じさせます。

「不動明王」という言葉の使い方や例文を解説!

「不動明王」は、主に仏教の宗教行事や祈祷において使用される言葉です。例えば、「不動明王の加持を受けて、家族全員の安全を願った」というように使用されます。

「不動明王」という言葉の成り立ちや由来について解説

「不動明王」の名前の由来は、恐ろしい敵をも怯ます強い力を持つことから「不動」と名付けられ、その光明を示すことから「明王」と呼ばれるようになりました。

「不動明王」という言葉の歴史

「不動明王」の歴史は古く、古代インドから中国、日本へと伝わり、日本では密教の守護神として広く信仰されてきました。その歴史の中で多くの信者に支持され、信仰の中心となっています。

「不動明王」という言葉についてまとめ

「不動明王」は、怨敵や災難から身を守り、信者に力強い支えを与えてくれる存在です。その力強い姿とともに、信仰によって困難を乗り越えるための希望となっています。