言葉の意味

「神々の仕業」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「神々の仕業」という言葉の意味を解説!

「神々の仕業」という言葉は、神々の働きや行為を指す表現です。

人間には理解できない神秘的な出来事や不可思議な現象を指して使われることが多い言葉です。

例えば、自然災害や奇跡的な出来事などが「神々の仕業」と表現されることがあります。

「神々の仕業」の読み方はなんと読む?

「神々の仕業」は、「かみがみのしごう」と読みます。

神々の働きや行為を表す言葉であり、神秘的な力や作用を持つ存在の働きとして捉えられています。

「神々の仕業」という言葉の使い方や例文を解説!

「神々の仕業」は、次のように使われることがあります。

「彼の生還はまさに神々の仕業だった。

」このように、奇跡的な出来事や不可思議な現象を指して使用されることが多い言葉です。

「神々の仕業」という言葉の成り立ちや由来について解説

「神々の仕業」という言葉の成り立ちは、「神々」+「仕業」であり、神々の働きや行為を意味する言葉となっています。

この言葉の由来は古代から伝わる神話や宗教に関連する語彙として使われてきたことに起因しています。

「神々の仕業」という言葉の歴史

「神々の仕業」という言葉は、古代から存在している言葉であり、神秘的な力や神聖な作用を持つ存在の働きを表す言葉として歴史的に使用されてきました。

神秘や不可思議な出来事に対して用いられることが多いです。

「神々の仕業」という言葉についてまとめ

「神々の仕業」という言葉は、神秘的な出来事や不可思議な現象を表す言葉として使用されます。

神々の働きや神秘的な力によって起こる出来事が「神々の仕業」と形容されることがあります。

その神秘的な力によって導かれる偶然や奇跡は、人々の心に感動を与えることがあります。