言葉の意味

「こっぴどく」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「こっぴどく」という言葉の意味を解説!

「こっぴどく」という言葉は、非常にきびしい・厳しい・酷いという意味で使われます。例えば、友達に裏切られた時や失敗した時などに、心の奥から怒りや悔しさを感じて、その感情を表現する時に使われることがあります。

「こっぴどく」の読み方はなんと読む?

「こっぴどく」という言葉は、「こっ」「ぴ」「どく」とそれぞれ強く発音して読みます。イントネーションをつけて、「こっぴどく!」と発声することが一般的です。

「こっぴどく」という言葉の使い方や例文を解説!

「こっぴどく」の使い方としては、「彼女にこっぴどく怒られてしまった」や「上司にこっぴどく叱られた」など、他人から非常に厳しい批判や叱責を受けた時に使われます。

「こっぴどく」という言葉の成り立ちや由来について解説

「こっぴどく」という言葉は、元々は江戸時代の言葉で、「こっぴ」は「こっ」が強調された形で、「どく」は厳しいという意味でした。その後、現代に至るまで変化を経て、「こっぴどく」という形になりました。

「こっぴどく」という言葉の歴史

「こっぴどく」という言葉は、江戸時代から使われていた古い言葉です。当時の人々も同じように、非常にきびしい状況や扱いに遭った時にこの言葉を使っていたことでしょう。

「こっぴどく」という言葉についてまとめ

「こっぴどく」という言葉は、非常に厳しい・きびしいという意味で使われる日本語のフレーズです。自分が怒られたり叱られたりした時や周りの状況が厳しい時に使うことが多い表現です。