言葉の意味

「擲り出す」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「擲り出す」とはどういう意味かを解説!

「擲り出す」という言葉は、物事を力強く投げることを指します。例えば、力を入れて何かを手から投げ捨てる様子を表現する際に使われます。この言葉は、力強く何かを放り投げるという意味合いが強く、興奮や怒りなどの感情が入り混じっている場合にも用いられます。何かをぶつけたり失敗したりする場面にも使われることがあります。

この言葉は、強い感情や力を込めて何かを投げる様子を表現するときに使われます。

「擲り出す」とはどう読むのか?

「擲り出す」という言葉は、読み方として「なげだす」と読みます。この言葉は古くから日本語に存在し、力を込めて何かを投げるという意味を持っています。読み方もわかりやすく、頭に入れやすい言葉です。

「擲り出す」という言葉の使い方や例文を解説!

「擲り出す」を使った例文としては、例えば「怒りに任せて、机に置いてあったものを擲り出してしまった」などが挙げられます。ここでの「擲り出す」は、怒りなどの感情に負けて何かを力強く投げ捨てるという意味合いがあります。

「擲り出す」という言葉の成り立ちや由来について解説

「擲り出す」という言葉は、古くから日本語に存在している言葉で、力を込めて何かを投げる様子を表現する言葉です。古代日本では、勇敢な武士たちが戦場で槍や矢を敵に向かって力強く投げる姿が、「擲り出す」という言葉で表現されてきました。

「擲り出す」という言葉の歴史

「擲り出す」という言葉は、古代から日本語に存在している言葉で、力を込めて何かを投げる様子を表現する言葉として伝わってきました。古代の戦場で勇敢な武士たちが槍や矢を敵に向かって投げる姿が、「擲り出す」という言葉で形容されていたと言われています。

「擲り出す」という言葉についてまとめ

「擲り出す」という言葉は、力を込めて何かを投げる様子を表現する言葉であり、怒りや興奮などの感情が入り混じった場面で用いられます。日本語の古い言葉として受け継がれており、武士の勇姿を想起させる言葉としても知られています。