言葉の意味

「呼ばれ」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「呼ばれ」という言葉の意味を解説!

「呼ばれ」という言葉は、他人や物事が自分を名前で呼ぶことを指します。

例えば、友達があなたの名前を呼んで近くに来る場面などが挙げられます。

人間や動物だけでなく、機械や装置なども自動で名前を呼ぶ場合にも使われます。

“呼ぶ”という行為の結果として、その対象が応答することも含まれています。

「呼ばれ」の読み方はなんと読む?

「呼ばれ」は、「よばれ」と読みます。

この言葉は、「呼ぶ」という動詞の連用形に「れ」という助動詞が付いた形で、他動詞の受身形を表します。

「よばれ」のような読み方になるのは、日本語の文法規則に基づいています。

「呼ばれ」という言葉の使い方や例文を解説!

「呼ばれ」という言葉を使った例文をいくつかご紹介します。

「友達に呼ばれてパーティーに参加する」「犬がオーナーに呼ばれて駆け寄る」といったように、他者から名前で呼ばれることを表す表現として使われます。

他にも、「彼女は美しいと呼ばれることが多い」のように、一般的な評価や称賛を受けることを表す場合もあります。

「呼ばれ」という言葉の成り立ちや由来について解説

「呼ばれ」という言葉は、「呼ぶ」という動詞に受身の助動詞「れ」が付いた形であり、受身形を表しています。

古代日本語から続く歴史を持ち、言葉の変遷や文法的な規則に基づいて現代日本語で使用されるようになりました。

「呼ばれ」という言葉の歴史

「呼ばれ」という言葉は、古代日本語から使用されてきた言葉の一つです。

日本語の歴史や文化において、他者から名前で呼ばれることや評価されることは重要な意味を持っており、それが言葉にも表れています。

「呼ばれ」という言葉についてまとめ

「呼ばれ」という言葉は、他者から名前で呼ばれることや評価されることを表す言葉です。

日本語の歴史や文法規則に基づいて成り立っており、日常会話や文章の中で幅広く使用されています。

他者との関わりやコミュニケーションにおいて重要な役割を果たす言葉であることがわかります。