言葉の意味

「供花」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「供花」という言葉の意味を解説!

「供花」とは、お墓や仏壇などにお供えする花のことを指します。

故人や神仏に対する敬意や感謝の気持ちを表すために、大切な場面で用いられる花です。

供花は、生前の思い出や感謝の気持ちを込めて、大切な人に贈られることが多いです。

「供花」の読み方はなんと読む?

「供花」は、「くぐりはな」と読みます。

日本語の漢字には、一つの言葉に複数の読み方が存在することがあります。

宗教行事や葬儀などでよく目にする「供花」もその一例です。

「供花」という言葉の使い方や例文を解説!

葬儀で亡くなった方への供花は、故人やそのご家族に哀悼の意を表すために贈られます。

また、神社や仏壇にお花を捧げるときにも使用されることがあります。

「供花」という言葉の成り立ちや由来について解説

「供花」という言葉は、仏教や神道などの宗教行事に由来します。

古くから故人や神仏への供物として花が使われてきたことが、今日の「供花」という言葉の由来となっています。

「供花」という言葉の歴史

「供花」の歴史は古く、日本の古来から存在しています。

仏教の影響を受けた供物文化が根付いており、花を供えることは故人や神仏への敬意を示す重要な習慣となっています。

「供花」という言葉についてまとめ

「供花」は、故人や神仏への敬意や感謝の気持ちを表すために贈られる花です。

その歴史や由来には深い意味があり、大切な時に大切な人へ贈られる大切な存在です。

供花を贈ることで、葬儀や祭事の場において心を込めた思いを表現することができます。