言葉の意味

「唸り返す」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「唸り返す」という言葉の意味を解説!

「唸り返す」とは、物音や車のエンジン音などが大きく響いて、周囲に響き渡ることを指します。

例えば、山の中でエンジン音が響き渡ると、「エンジン音が唸り返す」と表現されます。

この言葉は、音の反響や響きを強調する時に使われます。

「唸り返す」の読み方はなんと読む?

「唸り返す」は「うなりかえす」と読みます。

『うなり』は物音が響く音を表し、『かえす』は繰り返すことを表しています。

言葉の響きやニュアンスを感じながら読んでみると、理解が深まるかもしれません。

「唸り返す」という言葉の使い方や例文を解説!

この言葉は、主に音や声の反響を表現する際に用いられます。

例えば、「山の谷で大声を出すと、その声が唸り返って大きく響く」というように使います。

他にも、場所や状況によって様々な例文が考えられます。

「唸り返す」という言葉の成り立ちや由来について解説

「唸り返す」という言葉は、古来から使われてきた表現で、音の響きや反響を詠んだ古典文学などにも見られます。

そのため、日本語の豊かな表現力を示す言葉として、歴史的な価値も持っています。

「唸り返す」という言葉の歴史

「唸り返す」という言葉の使用は、古典文学や和歌などにも見られ、古代から存在している言葉です。

時代が変わっても、その表現力は現代においても重要視されています。

「唸り返す」という言葉についてまとめ

「唸り返す」という言葉は、音や声の響きを表現する際に用いられる言葉であり、日本語の美しさや表現力を示す重要な言葉です。

その歴史や由来を知ることで、言葉の奥深さを感じられるでしょう。