言葉の意味

「娼婦」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「娼婦」という言葉の意味を解説!

「娼婦」とは、男性客に性的なサービスを提供する女性のことを指します。

一般的には売春婦や性風俗従事者を指す言葉として使われています。

「娼婦」の読み方はなんと読む?

「娼婦」は、「しょうふ」と読みます。

この言葉は古くから日本語に存在し、性風俗業界などで使われています。

「娼婦」という言葉の使い方や例文を解説!

「彼女は娼婦として働いている」という使い方や、「彼女が娼婦として生計を立てている」という例文があります。

娼婦として働く女性が社会でどのような扱いを受けるか、問題となることもあります。

「娼婦」という言葉の成り立ちや由来について解説

「娼婦」という言葉は、中国語や漢字由来の言葉で、元々は「売春をする女性」という意味を持っています。

日本でも古くから使われてきた言葉です。

「娼婦」という言葉の歴史

「娼婦」という言葉は、江戸時代から存在しており、当時から性産業や売春宿が存在していました。

歴史的にも、性風俗産業は古くから人々の間に根付いていたことがわかります。

「娼婦」という言葉についてまとめ

「娼婦」という言葉は、性風俗業界や売春などに関連する言葉として使われています。

歴史的な背景や社会的な問題など、さまざまな側面からこの言葉を理解することが重要です。