言葉の意味

「大熨斗」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「大熨斗」という言葉の意味を解説!

大熨斗とは、贈答用に包装される品物に添えられる、大きな矩形のしるしなどのことを指します。贈答用の品物には、作法に則った正しい熨斗をつけることが一般的です。贈り物の気持ちを表す大切な役割を担っています。

「大熨斗」の読み方はなんと読む?

「大熨斗」は「おおのしき」と読みます。この読み方は、贈答品や包装を手伝う際に使われることが一般的です。

「大熨斗」という言葉の使い方や例文を解説!

お中元やお歳暮などの贈り物を包装する際、「大熨斗」が添えられることがあります。例えば、「贈り物には大熨斗をお願いします」という風習が一般的です。

「大熨斗」という言葉の成り立ちや由来について解説

「大熨斗」の語源は、包装を手伝う際に使われる幅広い矩形の道具「熨斗(のし)」から来ています。大きな矩形のしるしやものを指す「熨斗」が、より大きな意味で使われるようになったものと言われています。

「大熨斗」という言葉の歴史

「大熨斗」の歴史は古く、贈り物を送る習慣が生まれたときから存在しています。形や使い方は時代や地域によって異なりますが、贈り物を包む際につける熨斗は、大切な文化として受け継がれています。

「大熨斗」という言葉についてまとめ

「大熨斗」は、贈り物の包装に添えられる重要なシンボルです。その意味や使い方、由来などを知ることで、贈り物に込められた気持ちや思いをより深く理解することができます。大切な人への贈り物の際は、ぜひ「大熨斗」の意味を考えながら包装してみてください。