言葉の意味

「覚醒剤」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「覚醒剤」という言葉の意味を解説!

覚醒剤とは、中枢神経興奮作用を持つ精神刺激薬の一種です。

主に過労や睡眠不足を補うために使用されることがありますが、乱用すると依存症や健康被害を引き起こす恐れがあります。

「覚醒剤」の読み方はなんと読む?

「かくせいざい」と読みます。

日本語では漢字で表記されることが多いですが、カタカナで書かれることもあります。

「覚醒剤」という言葉の使い方や例文を解説!

例えば、「彼は仕事中に覚醒剤を服用している」という使い方があります。

覚醒剤は違法薬物の一つであり、使用は法律で禁止されています。

「覚醒剤」という言葉の成り立ちや由来について解説

「覚醒剤」という言葉は、「覚醒するための薬物」という意味合いから来ています。

元々は眠気覚ましや集中力を高めるために使用されていましたが、乱用が問題視されるようになりました。

「覚醒剤」という言葉の歴史

覚醒剤は19世紀後半に合成され、医療や軍事での利用が始まりました。

しかし、その後の乱用が社会問題となり、規制が厳しくなっています。

「覚醒剤」という言葉についてまとめ

覚醒剤は中枢神経を刺激し、過労や睡眠不足を補うために使われる薬物ですが、乱用による健康被害や依存症が懸念されています。

適切な使用法と規制が必要な薬物であることを覚えておきましょう。