言葉の意味

「砕け」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「砕け」という言葉の意味を解説!

「砕け」という言葉は、物事が粉々に砕けるような状態を表す言葉です。

例えば、ガラスや陶器などが落とされて割れてしまう様子を表現するときに使われます。

砕けたものは元の形を失い、再び元通りに修復することが難しい状態を示します。

「砕け」の読み方はなんと読む?

「砕け」は「くだけ」と読みます。

この読み方は、物が粉々になる音を表現した言葉として覚えると良いでしょう。

「砕け」という言葉の使い方や例文を解説!

「砕け」は主に物が壊れたり、粉々になったりする状況を表すときに使われます。

例えば、「ガラスが地面に落ちて砕けた」や「陶器がぶつかって砕けてしまった」などが典型的な使い方です。

「砕け」という言葉の成り立ちや由来について解説

「砕け」という言葉の成り立ちについては、音を表現する言葉である「さ」が付いていることから、物が割れた音を表す言葉として発展してきたとされています。

日本語の古い言葉から。