言葉の意味

「寄進」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「寄進」という言葉の意味を解説!

「寄進」とは、他人や団体に寄付や寄贈をすることを指す言葉です。

自分の持ち物やお金を他者にあげることで、社会や団体に貢献することができます。

寄進は、慈善活動や社会貢献の一環として行われることが多くあります。

「寄進」の読み方はなんと読む?

「寄進」の読み方は、「きしん」になります。

漢字の意味や発音によって、意味が変わることがありますので注意が必要です。

「寄進」という言葉の使い方や例文を解説!

例えば、「彼は毎月、地元の学校に寄進をしています」という文で使われることがあります。

寄進は、お金や物品だけでなく、時間や能力を提供することも含まれます。

「寄進」という言葉の成り立ちや由来について解説

「寄進」という言葉は、古代中国から日本に伝わった漢語です。

元々は、仏教や儒教の教えによって、社会に貢献することが重要視されていました。

「寄進」という言葉の歴史

日本では、古くから神社や仏閣への寄進が行われてきました。

江戸時代には、寄進によって寺社の修繕や維持が行われ、地域社会に深く根付いていました。

「寄進」という言葉についてまとめ

「寄進」は、他者に寄付や寄贈をすることを指す言葉であり、社会貢献や慈善活動の一形態です。

自分の持ち物やお金を他者に与えることで、社会全体の発展や福祉に貢献することができます。