言葉の意味

「義手」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「義手」という言葉の意味を解説!

義手とは、手の代わりとして使用するために作られた人工の手のことを指します。

手を失った人が日常生活を送るために使用するように設計されており、様々なタイプや機能が存在します。

「義手」の読み方はなんと読む?

ぎしゅ」と読みます。

言葉の意味は手の代わりとなるものであることから、手の形や機能を持った装置のことを指します。

「義手」という言葉の使い方や例文を解説!

「彼は交通事故で右手を失ったため、義手を装着して普通の生活を送っています。

義手は、日常生活で手を使う様々な動作を補助するために使用されます。

「義手」という言葉の成り立ちや由来について解説

義手」という言葉は、「手」に「義」という意味が付け加えられたものです。

つまり、手の代わりとして使用する装置という意味が込められています。

「義手」という言葉の歴史

義手は古代から存在し、様々な素材や技術を経て進化してきました。

現代では、高度な技術を駆使した義手が開発され、手を失った人々の生活を支援しています。

「義手」という言葉についてまとめ

義手は、手を失った人々が日常生活を送るための重要な補助具です。

進化した技術によって、より自然な動作や外見を実現する義手が開発されており、その役割はますます重要性を増しています。