言葉の意味

「略記」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「略記」という言葉の意味を解説!

「略記」という言葉は、比較的長い言葉や表現を短く簡潔に示すことを指します。

要するに、短縮した表現や省略形を用いて情報を伝えることを指す言葉です。

「略記」の読み方はなんと読む?

「略記」は「りゃくき」と読みます。

この言葉は、漢字の「略」と「記」からなるため、そのまま漢字読みで「りゃくき」となります。

「略記」という言葉の使い方や例文を解説!

「略記」の使い方は、例えば「学校名を略記してください」というように使います。

具体的な例文としては、「東京大学は略してUTと表記します」というように使われます。

「略記」という言葉の成り立ちや由来について解説

「略記」という言葉は、日本語の古典の文献や漢籍においても見られる言葉です。

漢字の「略」と「記」が組み合わさってできた言葉で、文字や言葉を簡潔に表現することを意味しています。

「略記」という言葉の歴史

「略記」という言葉は古代中国から日本に伝わった漢文の文献や文学作品にも見られ、文字を簡潔に表現する技術が発展していった歴史があります。

日本でも、古くから略記法が使われてきました。

「略記」という言葉についてまとめ

今回は「略記」という言葉について解説してきました。

短縮した表現や省略形を使って、情報を伝える際に活用される言葉であり、歴史も古く、日本でも古代から使われてきた言葉です。