言葉の意味

「応召」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「応召」という言葉の意味を解説!

「応召」とは、特定の場面や状況に対して、すぐに行動を起こすことを指す言葉です。

何かの呼びかけや要請に応じてすばやく行動することを意味します。

例えば、緊急時に「すぐに応召してください」というように使用されます。

「応召」の読み方はなんと読む?

「応召」は、「おうしょう」と読みます。

漢字の「応」は「おう」と読み、「召」は「しょう」と読むのが正しい読み方です。

「応召」という言葉の使い方や例文を解説!

「応召」は、緊急時や急を要する場面でよく使われる表現です。

例えば、「火災が発生したら、すぐに応召してください」というように使用されます。

あるいは、会社からの緊急連絡などで「応召が必要です!」と言われることもあります。

「応召」という言葉の成り立ちや由来について解説

「応召」という言葉の成り立ちは、漢字の「応」は「答える」という意味を持ち、「召」は「呼びかける」という意味を持ちます。

つまり、何かに対して呼びかけがあったときに答えることを表しています。

「応召」という言葉の歴史

「応召」という言葉は、古くから使われている言葉です。

歴史的には、戦国時代や江戸時代など、緊急事態に際して軍事や行政などで用いられてきました。

「応召」という言葉についてまとめ

「応召」は、緊急時や急を要するときにすぐに行動を起こすことを指す言葉です。

また、漢字の意味からもわかるように、呼びかけに応じてすぐに動くことが求められる表現です。

日常生活やビジネスの場面で、適切に使用することが大切です。