言葉の意味

「叮嚀」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「叮嚀」という言葉の意味を解説!

「叮嚀」とは、注意深く指摘や忠告をすることを意味します。日常生活や仕事で何かを注意深く教えてもらったり、注意を促す際に使われる言葉です。

「叮嚀」の読み方はなんと読む?

「叮嚀」は、「てき」と読みます。普段あまり使われない言葉ですが、意味を理解すると非常に重要な言葉であることがわかります。

「叮嚀」という言葉の使い方や例文を解説!

「叮嚀」は、上司からの叮嚀を受けるや、先生からの叮嚀を守るなど、注意深く指摘や忠告を受けるシーンで使用されます。例文を交えて、使い方をわかりやすく説明します。

「叮嚀」という言葉の成り立ちや由来について解説

「叮嚀」という言葉は、古代中国語から輸入された漢語です。元々は、という漢字の組み合わせで、「小さな音を鳴らして忠告する」という意味でした。

「叮嚀」という言葉の歴史

「叮嚀」という言葉は、日本語でも古くから使われてきました。学問や修行の際に師匠からの先端的な指導を示す言葉として使われ、誠実さや謙虚さを大切にする意味で広く知られています。

「叮嚀」という言葉についてまとめ

「叮嚀」という言葉は、注意深く指摘や忠告をすることを示します。古くから日本語に根付いている言葉であり、身近な環境で使われることも多いです。大切なことを教えてくれる言葉として覚えておくと、日常生活や仕事で役立つこと間違いありません。