言葉の意味

「堰設」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「堰設」という言葉の意味を解説!

「堰設」とは、水をせき止めるための障害物を設置することを指します。

例えば、川や湖などに堰を設けて水流を調節するような行為が該当します。

「堰設」の読み方はなんと読む?

「堰設」は「せきせつ」と読みます。

そのままの読み方で、堅い感じがしますが、実際は水をコントロールする施設を指す、身近な言葉です。

「堰設」という言葉の使い方や例文を解説!

「この川の堰設により、灌漑が円滑に行われています。

」などと使われることがあります。

水をせき止める役割を果たす設備や施設を指す表現です。

「堰設」という言葉の成り立ちや由来について解説

「堰設」の由来は、古代中国の技術を取り入れ、日本語になった言葉です。

水をせき止める堰を設置するという行為が発展して使われるようになりました。

「堰設」という言葉の歴史

「堰設」の歴史は古代から続いており、食料を確保するため、水利用技術が進んだことから、水の管理を効率的に行うために堰設が重要視されてきました。

「堰設」という言葉についてまとめ

「堰設」という言葉は、水をせき止める障害物を設置する意味があります。

日本語に取り入れられた言葉で、古代から水利用技術の一環として重要視されてきました。

身近な言葉でもある「堰設」の意味や使い方について、今一度振り返ってみると面白いかもしれませんね。