言葉の意味

「駄々」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「駄々」という言葉の意味を解説!

“駄々”とは、子供が気まぐれやわがままを言う様子や、しつこく要求するさまを表す言葉です。何かを我慢できなくなって、うるさい・泣きわめくなどの行動をすることを指します。例えば、おもちゃを買って欲しくて、泣きわめいたり、お菓子を買って欲しくてしつこくおねだりする様子を指します。

駄々とは、本来、「無駄な物事」という意味があり、やりがいのないことや無駄なことを指すこともありますが、日常会話では、子供などがしつこくわがままを言う様子を指すことが一般的です。

「駄々」の読み方はなんと読む?

「駄々」は、「だだ」と読みます。漢字の「駄々」は、ひらがなで書いて「だだ」と読みます。この言葉は、子供がわがままを言ったり、気まぐれな態度をとる様子を表します。

「駄々」という言葉の使い方や例文を解説!

駄々をこねる」、「駄々をこねて泣く」などという表現が使われます。これは、子供がわがままを言って泣きわめいたり、しつこくおねだりする様子を表します。

例文:「昨日のデパートで、子供がおもちゃを買って欲しくて駄々をこねる始末だった。」

「駄々」という言葉の成り立ちや由来について解説

「駄々」という言葉の成り立ちや由来は曖昧ですが、江戸時代には既に使われていた古い言葉です。その当時から、わがままな態度を取る子供を指す言葉として使われていました。

「駄々」という言葉の歴史

「駄々」という言葉は、古くから使われており、子供がわがままを言って泣きわめく様子を表す言葉として定着しています。日本語の豊かな表現の一つとして、今もなお使われ続けています。

「駄々」という言葉についてまとめ

「駄々」という言葉は、子供が気まぐれやわがままを言う様子やしつこく要求するさまを表す言葉です。日本語の古い言葉として使われており、子供のしつこい態度を表現する際によく使われています。常に社会通念に即した使い方を心がけ、相手に不快感を与えないよう注意して使用することが大切です。