言葉の意味

「烏合」とは?意味や例文や読み方や由来について解説!

「烏合」という言葉の意味を解説!

「烏合」とは、まとまりのない雑多な集団や組織のことを指す言葉です。一つの方向性や目的を持たずに、偶然に集まったり混ざり合ったりする状態を表現しています。例えば、仲間との繋がりが薄いサークルや、何の計画もなく集まった人々などが「烏合」と言われることがあります。

烏合とは、単なる「群れ」ではなく、組織や集団の中で秩序や統制が欠如している状態を表す言葉です。

「烏合」の読み方はなんと読む?

「烏合」は、読み方は「うごう」となります。漢字の「烏」は「からす」と読み、「合」は「あい」と読むことから「うごう」となります。このように漢字の読み方を知ることで、正しく言葉を理解することができます。

「烏合」という言葉の使い方や例文を解説!

「烏合」の使い方としては、「烏合の衆」という言葉がよく使われます。これは、秩序や統制が欠如している雑多な集団や組織を指しています。例えば、「あのグループは烏合の衆だから、なかなかまとまらない」というように使われます。

「烏合」という言葉の成り立ちや由来について解説

「烏合」という言葉は、中国の古典『左伝』という書物に由来しています。古代中国では、烏(からす)が合わさる状態を比喩して、まとまりのない混乱した集団を表現する際に使われていました。その後、日本にも伝わり、「烏合」という言葉が日本語に定着しました。

「烏合」という言葉の歴史

「烏合」という言葉は、江戸時代から使われていた言葉です。当時の日本では、まとまりのない雑多な集団や組織が多く存在し、その様子を表すのに「烏合」という言葉が使われていました。時代が変わってもその意味は変わらず、今日でも使われ続けています。

「烏合」という言葉についてまとめ

「烏合」という言葉は、秩序や統制が欠如している雑多な集団や組織を表す言葉です。まとまりも目的もなく集まる様子を象徴しており、例えば組織やグループでうまく機能しない場合に使われることがあります。漢字の「烏合」を知ることで、言葉の意味を正しく理解し、適切に使うことができるでしょう。