言葉の意味

「マイクロサービス」とは?意味や例文や使い方や成り立ちについて解説!

「マイクロサービス」という言葉の意味を解説!

「マイクロサービス」とは、ソフトウェアの開発で業務の一部分を拡張するために利用されるサービスのアーキテクチャのことです。サービスは一般的に、ネットワークを介して、簡単にインターフェースで構築されます。「マイクロサービス」では、ソフトウェアとサービスの再利用性が高まるため、開発時間の節約が可能です。

例えば、Web ベースのソフトウェアを使用しているときには、開発者は、すべての Web ページをひとつずつ作成する代わりに、関連する複数のサービスを一つずつインターフェースを介して作成することができます。この「サービス」では、様々な Web ページを生成するために、再利用可能なサービスを容易に作成できます。

「マイクロサービス」という言葉の使い方や例文を解説!

オンラインされた業務の運営には、パッケージ ベースのソフトウェアやストアド プロシージャなどのモノリシックなソフトウェアではなく、「マイクロサービス」を使用することが推奨されます。 「マイクロサービス」では、分割製品の開発(サービス)を、さらに細かく単一の用途に分割します。このようにして、開発者は本来の動作が行われる部品が何であるかを断片化し、いろいろなソフトウェアコンポーネントを組み合わせて1つの目的を果たすことができます。

柔軟性のあるサービスを作成するためには、まず、それぞれのサービスの状態と動作を定義する必要があります。定義のタスクは、説明とAPIの標準化によって行われます。

この標準化されたインターフェースを使用すると、従来のプログラミングモデルとよりシンプルかつ柔軟なサービスを構築できます。

「マイクロサービス」という言葉の成り立ちについてを解説

「マイクロサービス」とは、Webベースのソフトウェアの機能を拡張する技術です。このタイプの技術は、データの要件を流用可能なサービスコンポーネントに分割します。サービスコンポーネントの間での通信およびインターフェースは、共通の言語(XMLやJSONなど)を使用して標準化されています。 この標準化のために、他ソフトウェアとの通信を容易に行ったり、開発者が自社サービスを再利用できます。

サービスコンポーネントは、開発者が容易にローカル環境およびクラウドへデプロイ・管理し、構成と配置を変更できるように設計されています。サービスコンポーネント製品とプロセスは、拡張のためにいくつかのモジュールに分割します。

「マイクロサービス」という言葉の歴史

「マイクロサービス」という技術は、2005年末から2006年初めくらいにAmazonで採用されました。それ以前には、似たようなアーキテクチャ技術が使われていたので、この技術自体には多くの前身がありましたが、Amazonによって「マイクロサービス」という言葉が呼ばれるようになりました。

その後、ほかの企業も、サービスを拡張するために同じ技術を使おうとしましたが、多くの場合、Amazonと異なる商品開発手法を使用するため、「マイクロサービス」という言葉を使用しませんでした。

このように、ソフトウェアの運用を多数のサービスコンポーネントで行えるようにすることで、以前のプログラミングモデルよりも柔軟なサービスを構築できるようになったと言えます。

「マイクロサービス」という言葉についてまとめ

「マイクロサービス」という技術の主な課題は、一般的なニーズを満たす単一のサービスが、様々なサービス依存性を持つ複数のサービスコンポーネントとして実装されていることです。この技術を使用することで、ソフトウェア開発期間を短縮し、再利用性の高いサービスを構築できます。この新しい技術は、ソフトウェアの開発・実行スピードを大幅に向上させる柔軟性の高い分散型システムを実現します。