言葉の意味

「プーリング」とは?意味や例文や使い方や成り立ちについて解説!

「プーリング」という言葉の意味を解説!

「プーリング」という言葉はプログラミング分野で使われる用語です。

簡単に言うと、資源を有効に使用するためのプロセスのことを指します。

プーリング処理とは、ある処理を実行するために複数のワーカーを立ち上げることです。

例えばウェブサイトを表示するためにサーバーを1つ立ち上げると、ウェブサイトのページの表示にかかる時間が長くなってしまうかもしれません。

その場合、プーリングを使うことで、ウェブサイトをより高速に表示することができます。

「プーリング」という言葉の使い方や例文を解説!

プーリングを使用する例として、HTMLやCSS、Javascriptなどのコードの複数の機能をまとめた複合プログラムを考えるかたちでおおまかに理解しておきましょう。

プーリング処理を取り入れることでコードの効率性が向上し、プログラミングの効率性も改善できます。

またコードを1カ所でまとめるという用語として、「セーフティプーリング」という用語があります。

これはコードを1個のファイルにまとめ、パスワード保護を設定して利用者がそのファイルの中身を変えられないようにするための使い方です。

「プーリング」という言葉の歴史

プーリングが使われ始めたのは早くも1980年代の前半にまで遡ります。

この時点では「複数の作業を一つの操作にまとめる」というリファクタリングの技術などとして使われてきました。

また、2000年代に入り、インターネットサービスの普及をきっかけにプーリングの機能が大きく変化しました。

同時接続者数やリクエストを担うワーカーの数を拡大したり、場合によっては低優先度リクエストの保留などに使われるようになるようになりました。

「プーリング」という言葉の成り立ちについてを解説

プーリングの名前の由来を知るためには、プーリング技術の古典的な用途となる「ウォータープーリング」という概念を知ることが重要です。

1830年代に、ウォータープーリングの仕組みを使用したゆりかご小屋なる斬新な設計を考えたベンヤミン・ソロモン·イービルという大小に関わらず織物の精度を高めることに取り組んだ米国人反射紙業者がいます。

このイービルが考えた方法は、表面上は「ウォータープーリング」という言葉を用いながらも、後々プーリング技術の仕組みの有効性を見抜いた人物でもありました。

「プーリング」という言葉についてまとめ

プーリングという技術は、サーバーや計算機を使う上でとても重要な技術です。

その仕組みを用いることで、高速なレスポンスと安定性を実現できるのです。

ウェブサイトやコード開発においても、プーリング技術を取り入れないと、低い効率や安定性を担保できないため、プーリング技術を上手に利用することで、クオリティの高いサービスを提供することができるのです。